« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

TATTOO TRIBAL vol.54号ご協力のお願い

TATTOO TRIBAL編集のTRAD WORKSです。

次号vol.54【3月25日発売予定】におきますアーティストのみなさまのご協力を
お願いしたくご連絡いたします。
※※※※※※※※※※※※※※※※

締め切り…2月8日(金)

※※※※※※※※※※※※※※※※


①【第1特集】
花・植物とトライバル
トライバルデザインの起源ともいえる花や植物と、部族系のトライバルを異色コラボ企画として紹介。
新しいアイディア・フラッシュにもなるようにアーティストのアート・ワークも掲載。


②【第2特集】
龍・鳳凰・動物特集
多種多様なアニマルを様々な角度から紹介。
神様と描かれる動物。干支に選ばれた動物。国鳥や絶滅してしまったや空想上の動物など、さまざまなカテゴリーでピックアップしたいと考えています。


③【第3特集】
魂のフロント・タトゥー
普段の生活では見えない“背中”と比べて、常に目の当たりにするビッグ・ピースである“フロント”にはこだわりのモチーフが多いことと思います。
また、胸、お腹と凹凸の多い部位にデザインにするには難易度も高いのではないでしょうか。
そんなフロント全面だけのタトゥーを集めた特集をしたいと考えています。


【Art Works Variation】
■宇宙
■音楽
■蝶々
■ナイフ
■対になるもの


★R.I.P DESIGN
死者を鎮魂するタトゥー・デザイン。差し支えなければデザインの意味、彫った方の想いなどもわかる範囲で教えてください。
プライバシーな内容に関してはあまり主張しないようにします。


トリックTATTOO
だまし絵や隠し絵的な要素のデザイン&タトゥーを募集します。
タトゥー・モチーフであればフラッシュ等でもOKです。


【編集部からのお願い】

《データの送付方法》
写真データ1枚1枚にスタジオ名やアーティスト名を入れていただけるようご協力お願いします。名前が長い場合などは略称などでも構いません。
***********************************************************
(例)TRAD WORKS/渡邊晋次 → wata001/TW.jpg
***********************************************************
■写真データサイズ→ [133mm-250mm] or [58mm-100mm]  
■画素数→350dpi以上
■CD-R送付先→〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-6 成田ビル402 
    TRAD WORKS 渡邊晋次 宛
■メール添付→ info@trad-works.com 
※フォルダにまとめ圧縮してから添付してください。
■ファイアーストレージ→ http://firestorage.jp/ 
※重たいデータもかなりスピーディーにアップロードできる無料サイトです。
  1回250MBまで。
※使用方法が不明な場合はメールにてお問い合わせください。


デジカメにて作品を保存されている方は、プリントよりもCD-R・メール・ファイアーストレージで実データをご送付ください。


なお、お写真そのものを送っていただく際は、お写真の裏にスタジオ名、もしくはアーティスト名を鉛筆で書いて下さい。

作品名がある場合は作品名も記入していただけると助かります。

※送って頂いた作品は編集部の資料として残しておくほか、電子書籍、アプリ、翻訳本に使用させていただくことがございますのでご了承お願い致します。

お送りいただきました作品は基本的にはご返却できませんのでご了承ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

TATTOO TRIBALでは各種広告を募集しております。

スタジオINDEXにQRコードを掲載するQR広告、
編集部からカメラマン、ライターが取材させていただく取材広告、
など各種広告を受け付けておりますので、少しでも興味がありましたら
メールにて問い合わせ下さい。各スタジオ様に資料をお送りいたします。
スペース、料金などお気軽に問い合わせください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



■■作品募集締め切り…2月8日(金)■■


********************************
〒169-0073

東京都新宿区百人町
1-17-6
成田ビル402
TRAD WORKS
渡邊晋次 
TEL:03-3371-5050

FAX:03-3371-5054

********************************

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »